筆印体ご注文に際してのお願い



筆印体(太字・細字)の印稿は、他の書体と大きく異なります。
永田 皐月が脳裏に描いたイメージとインスピレーションに基づいて、
一気呵成に書き上げる、いわば【一期一会の作品】とも言える作品です。

筆印体をご注文いただいたお客様には、
そのように製作された印稿を複数点ご覧に入れ、
いずれか1点をお選びいただくことになっております。

ところがお客様の中には、印稿の修正をご要望の方がおいでになります。
「山中」という文字を例にとると、

■(A、B、Cの3点の印稿を製作した場合)Aの「山」とCの「中」を組合せて。

■Aの印稿で「山」をもう少し小さく、「中」をやや上に伸ばして

などなど。

繰り返しになりますが、筆印体は永田 皐月が自由な筆運びで書き上げる、
臨場感溢れるダイナミックな文字の動きが特徴です。

上記の例のようなご要望を強く念頭に置いての印稿製作では、
逆に、自由な筆運びが少なからず制限されることにつながります。

事実、それにより永田 皐月が持つ自由闊達な運筆が成し得る躍動感や力強さ、
迫力といった要素が決定的に失われ、こじんまりと萎縮した作品に映ることが多くあります。

仮にそのような修正印稿をお客様にご承認いただいたとしても、
それは決して永田 皐月の本意とするところではなく、
作者として完成品を前に、忸怩たる思いを禁じ得ません。

以上のことから、筆印体のご注文に際しては、はなはだ恐縮ではありますが、
事前に下記3点の要件をご了承いただくことを必須と致します。


■印稿は1本のご注文につき3〜5点製作し、その中から1点をお選びいただく。

■お客様からの印稿修正のご要望には、原則的にお答え致しかねる。

■いずれの印稿もお気に召さない場合はキャンセルとさせていただき、
 印稿製作料として¥3,000(税込)を申し受ける(後日お振込みいただく)。


上記の要件をご了承いただけますれば、
下の左「了承して注文ページに進む」をクリックしてください。

お手数をおかけしてまことに申しわけございませんが、
ご理解のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。